全体システム図(桁パネル工法)

空気の流れ 夏場の仕組みを見る


エアサイクル桁パネル全体図-夏-

1.全体システム図

夏は屋根裏と床下の換気口(エアオープナー)を開け放ち、壁体内や屋根裏の熱気を排出します。

2.基礎

換気口(エアオープナー)を開き、床下の風通しをよくして、木部の腐れやシロアリを防ぎます。

3.1Fから2Fまでの壁

ダイヤモンドカットした専用部材(断熱材)がスムーズな空気の流れを生み出します。

4.2Fから天井までの壁

壁の中まで風通しを配慮しており、構造体にこもった熱気の排出効果と、木材が動く空気に触れることで、木材の耐久性を維持します。

5.屋根裏

 換気口(エアオープナー)を開き、屋根裏からこもった熱を煙突効果により外部へ排出します。


全体システム図一覧