介護・福祉

【お客様の要望・現状の不満点】

1.70歳後半のご夫婦2人暮らし。2階に寝室があり移動が不便。高齢に伴い居住スペースをすべて1階に集約したい。
2.もともとクリーニング業を営んでいたため、使用していない物置スペース(約16帖)を居住スペースとして有効活用したい。

【工事内容】

約50年前の住宅で断熱性もない為、冬は非常に寒く、玄関に入ってすぐのホール約6帖を居住スペースとして使用していました。台所(3帖)・リビング(6帖)・物置(16帖)この空間がすべて壁で仕切られ独立した部屋になっていたため、壁を取り除き建具を付けることにより、行き来が楽になり、開放的で使いやすい空間にすることができました。空き部屋だった16帖の部屋には床壁天井に断熱材を敷き詰め、窓には道路沿いということもあり防音性・断熱性を兼ねたインプラスを取付、明るく広く使いやすい一体化した居住スペースを実現しました。

【補助金も利用】

このお宅は2人とも65歳以上の高齢、工事内容がバリアフリーも含まれていたため、市へ介護住宅改修工事の申請を行い補助金を一部もらい施工しました。弊社ではこのようなご提案をしながらお客様とリノベーションを行っています。

↓が道路面になります。全体が窓になっており、断熱性が非常に悪い状態でした。
手前に壁を新設し、断熱材を充填し断熱性を確保、開口部はインプラス(内窓)を設置することで、断熱性と採光を確保しました。


 

介護・福祉リフォームとは?その目的と進め方


介護・福祉施工例
ワタケンのリフォームバナー