今お住まいのご自宅で、お困りごとや不安なことはございませんか?
なかなかリフォームをしたいと考えていても、どのように進めていけば良いか分からないというお声をいただきました。そのため、ここでは一般的な流れとともに、弊社の対応についてご説明いたします。
キッチン、浴室、リビングなどリフォーム箇所は多岐に渡りますが、大まかな流れや手順を理解しておくことで、良いリフォームに繋がると思います。設備・資金・日程など「いつ」「何を」するかを理解して、スムーズにリフォームを進めましょう。

1)イメージ作り

リフォームをしたいと思った時に、まず最初にすべきことは「イメージ作り」です。
「どこをどんな風にリフォームしたいか?」イメージをはっきりさせることが大切です。
日常生活の中での不満や不安、要望などを書き出して、優先順位を決めていきましょう。

リフォームチェックリストはこちら

トイレ拡張

2)リフォーム予算を決める

次にリフォーム予算を決めて資金計画を立てます。
具体的には、手元の資金から、老後資金、その他の大きな出費、当面の生活費を差し引いた額がリフォーム予算の目安になります。

リフォーム予算=手元資金 – (老後資金 + その他の大きな出費 + 当面の生活費)

リフォームローンと住宅ローンの違い


  • 住宅ローン・・・金利は低い。ただし、諸費用が多めで担保も必要になります。
  • リフォームローン・・・金利は高めですが、諸費用は少なめで一般的には担保も不要です。

金利について(優遇金利を受けれられる場合もある)


住宅ローンを利用中で追加リフォームローンを組むという場合、金融機関によっては金利を優遇利用してくれる場合もあります。弊社では金融機関の紹介や、補助金のご案内なども可能なので、お困り事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ワタケンのリフォームバナー

3)ご相談

リフォーム内容と予算がある程度決まったら、各社を見比べ問合せをしましょう。
もちろん弊社も自信はありますが、問合せの前に各社を見比べることをお勧めします。得意なサービスや取扱いメーカー数、スタッフの技術力など違いがございます。施工事例などを見比べながら、自分の理想にあうリフォーム会社に問合せしてみましょう。

施工例はこちら
ワタケンのリフォームバナー

4)お住まいの調査

お問い合わせをしたら現場調査になります。
実際に希望のリフォームが実現可能か、正確なリフォーム費用がいくらになるかは、現場を見てからの判断になります。

現場調査


現場調査では、担当者がリフォーム該当箇所の状態を確認します。その場で細かい要望についてのヒアリングをし、現場状況と要望のすり合わせを行います。
どんな工事が必要かになるかを詳細に把握することにより、見積もりの精度が上がります。

リフォーム現場調査-採寸
リフォーム現場調査-クロスの確認

現場調査時に準備しておきたい資料(可能な範囲で)


  • 図面(建築、購入時、以前のリフォーム時の資料)
  • 建築確認申請書や建築当時の写真など
  • 家の不満や改善したいことのチェックリスト
  • リフォームのイメージに近い写真など
  • 管理規約(マンションの場合:規約によりできない工事もあるため)

5)リフォーム内容・見積提案

現場調査後、1~2週間程度で要望を反映したリフォーム内容のご提案とお見積りをお渡しします。
依頼時から提案までのやり取りを通じて、担当者との相性(話しやすさ、信頼感等)もチェックしておきましょう。弊社では強度・設計・法律の面での問題などの有無も確認しながら、より最適なプランとお見積りを提出させていただきます。

6)設備確認 ※ここまで無料

ショールームなどで取り付ける設備の選定・サイズや使い勝手など、実際にご覧いただき、手に触れながらご確認いただけます。機能の体験や現物の確認をすることで、納得のリフォームが実現できます。

弊社ではリクシルはもちろん各メーカーのショールームと連携してご案内が可能です。
カタログや色見本帳を見て、「これでOKです、工事進めてください。」とお話をいただくこともありますが、極力実物を見ることをお勧めします。

ショールーム見学

7)契約

内容が確定したら、正式に契約書を結びます。契約書を結ぶことで工事費や工事期間を確定します。
特にリフォーム内容を何度も修正している場合、担当者との認識のズレが生じる可能性がありますので、契約書の締結とともに、内容の確認をしっかりと行います。

※短期工事など、工事内容によっては契約書を結ばない場合もあります。

契約時に弊社が用意する書類


  • 契約書:リフォーム対象の工事現場住所、施主様の名前、工事費、支払い方法、工事期間が記載
  • 図面:リフォーム設計図面や設備資料
  • 見積書:工事費用の総額、項目ごとの工事内容&費用が記載

8)工事着工

契約を結んだら、設備関係の発注をし届きしだい、いよいよリフォーム工事着工になります。

工事着工前に工程表をお渡しします。
工事はこの工程表に従って進められますので事前に目を通して日程を把握しておきましょう。
現場状況により、工程が入れ替わったりするケースもあります。随時、担当より進捗状況などをご報告させていだきます。

※短期工事など、工事内容によっては工程表をお渡ししない場合もあります。

また、弊社ではお客様の私物利用(水道・電気など)のお願い、家具移動などのは事前にご相談をさせていただきます。

近隣への挨拶について


工事期間中は騒音や振動、ほこり、工事車両の出入りなどで近隣に少なからず迷惑をかけてしまいます。弊社でも工事開始前にご挨拶を行いますが、後々のトラブルを避ける意味でも、ご一緒あるいは別途あいさつに伺うことをお勧めします。

挨拶をする対象


  • 戸建ての場合:両隣、表、裏、工事車両を止める場所の近隣など
  • マンションの場合:両隣、上下階のお部屋など

事前に挨拶をする対象者様をお打合せし範囲を決定します。上記は一般的な目安になります。

仮住まいが必要な場合


間取りの変更や水回りの場所変更など、大掛かりなリフォームの場合、完成するまで別の場所で暮らす必要があったり、荷物を貸しトランクに預けた方がスムーズな場合もあります。

その場合は、着工前に仮住まいの手配・費用も必要になります。
仮住まいなどが必要な場合は事前にご説明、お手伝いなどもいたします。

差し入れは不要


休憩時間にお茶を出したり、お菓子を出したりと差し入れをすべきか気にする人もいるかと思います。お気持ちはとても嬉しいのですが、差し入れは不要です。どうしてもの場合はお断りはしておりませんので、担当者に申し伝えください。

9)完成・引き渡し

リフォーム工事完了後、弊社の完了検査後、引き渡し前に担当者と一緒に工事した箇所を全て確認します。図面や仕上げ表などを持参し、何かあればその場でお申し付けください。修正が完了し、最終確認が済んだら、引き渡しです

引き渡し書類にサインをし、設備機器の説明書、保証書、請求書をお渡しいたします。

10)アフターサポート

引き渡しが終わるとひとまずリフォームは終了となりますが、ここからが本当のお付き合いが始まると考えています。万が一、工事個所に不具合があったり、設備の使い方、メンテナンスについて分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

担当者の対応だけでなく、リフォーム会社としてみなさまの幸せな家族の時間を作れるようサポートしていきます。