富士市のリフォームはワタケン

大型性能向上リフォーム

ワタケン

電話
無料相談

電話無料相談

0545-52-0685

無料相談
メール

寒さの困りごとと対策

寒さの困りごとと対策

寒い季節になると、家の中がなかなか温まらずに困ることはありませんか?特に古い住宅では断熱性能が低く、外気との温度差が大きくなるため、室内が冷え込みやすいです。また、窓からの冷気も大きな問題です。しかし、断熱リフォームをすることで、この寒さの悩みを解消することができます。さらに、断熱リフォームをすることでヒートショック対策になります。今回は、断熱リフォームとヒートショック対策について詳しくご紹介します。

寒さの困りごとと対策

寒い季節になると、家の中がなかなか温まらないという悩みを抱えている方は多いです。特に古い住宅では、断熱性能が低いために外気との温度差が大きくなり、室内が冷え込みやすくなります。そこで、以下の対策を行うことで、快適な室内環境を実現することができます。

1.断熱性能の向上

まずは、断熱性能の向上が重要です。外気の冷気を遮断し、室内の温度を逃がさないようにすることが必要です。断熱材を壁や床、天井に施工したり、二重窓を取り付けたりすることで断熱性能を向上させることができます。

断熱材の種類

【グラスウール】
グラスウールはガラス繊維を主成分としたもので、断熱性に優れています。また、防音効果もあるため、建物の内部の音を遮断することも可能です。

【ウレタンフォーム】
ウレタンフォームは発泡剤を使って作られたもので、断熱性に優れているだけでなく、軽量で耐久性もあります。施工方法としては、液状のウレタンフォームを吹き付ける方法や、パネル状のウレタンフォームを貼り付ける方法があります。

【セルロースファイバー】
セルロースファイバーは再生可能な材料であるため、環境に優しい断熱材として注目されています。施工方法としては、セルロースファイバーを壁や天井に敷き詰める方法や、吹き付ける方法があります。

2.内窓の設置

窓からの冷気も大きな問題です。外気との温度差が大きくなることで、窓ガラスが冷え、室内の熱が逃げてしまいます。そこで、内窓を設置することで窓からの冷気を遮断し、室内の温度を保つことができます。内窓は断熱効果だけでなく、防音効果や防犯効果も期待できるため、一石二鳥です。

インプラス腰窓
インプラス

さらに、二重サッシの設置は対費用効果にも優れています。初期投資は必要ですが、その後のエネルギーコストの削減により、長期的に見ると経済的です。冬場の暖房費用を大幅に削減することができ、その効果はすぐに実感できるでしょう。

また、国や地方自治体によっては、エコリフォームに対する補助金制度を設けている場合があります。二重サッシの設置もこれに該当することが多く、補助金の利用により、初期投資の負担を軽減することが可能です。このような補助金制度を利用することで、より手軽に二重サッシの設置を検討できます。

3.ヒートショック対策

冷たいお風呂や寒い室内から急に暖かい場所に移動することで起こるヒートショックも注意が必要です。ヒートショックとは、体温調節がうまくいかず、体に負担がかかる状態のことを指します。ヒートショックを防ぐためには、室内の温度を一定に保つことが重要です。断熱 内窓 リフォームをすることで、室内の温度を安定させることができます。

ヒートショックについては、こちらに詳しく書いてあります。

まとめ

寒い季節になると、家の中がなかなか温まらずに困ることはありませんか?そんなときは、断熱リフォームをすることをおすすめします。断熱性能の向上や内窓の設置によって、外気の冷気を遮断し、室内の温度を保つことができます。さらに、ヒートショック対策もばっちりです。冷たいお風呂や寒い室内からの急な温度変化によるヒートショックを防ぐためにも、断熱リフォームは有効です。

特に内窓追加はお手軽で補助金も出るので非常に注目のリフォームです。快適な室内環境を実現するために、断熱リフォームを考えてみてください。

お問い合わせ

お見積り依頼、ご相談やご質問等、お気軽に
お問い合わせください。
ワタケンが心を込めてご対応させていただきます。

お問い合わせフォームへ
TOP