富士市のリフォームはワタケン

大型性能向上リフォーム

ワタケン

電話
無料相談

電話無料相談

0545-52-0685

無料相談
メール

お風呂場の寒さ対策

お風呂場の寒さ対策

皆さん、こんにちは!地域の皆様の安心で快適な生活をサポートするリフォーム会社の社長です。今回は、これからの寒い季節に向けて、お風呂場の寒さ対策についてお話ししたいと思います。

冬の寒い日に、暖かいお風呂に浸かることは、一日の疲れを癒やす最高のリラックス方法の一つです。しかし、お風呂場が十分に暖かくない場合、健康上のリスクが伴います。特に、寒いお風呂場に入ることによって引き起こされるヒートショックは深刻な問題です。急激な温度変化は血圧の変動を招き、高齢者の方には特に危険です。最悪の場合、命に関わることもあります。寒さ対策は、単に快適さを追求するだけでなく、健康と安全を守るためにも非常に重要です。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、体が急激な温度変化にさらされた時に起こる身体反応です。特に冬場、寒い空間から急に暖かいお風呂に入ることで血圧が急激に変化し、心臓に大きな負担がかかります。これが原因で、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な健康問題を引き起こすリスクがあります。お風呂場・脱衣所の温度を適切に保つことは、健康を守る上で非常に重要です。

お風呂場の寒さ対策の基本は、断熱です。

1. 断熱

お風呂場の寒さ対策の基本は、断熱です。特に、以下のような方法が効果的です。

昔ながらのお風呂をユニットバスにリフォーム

昔ながらのお風呂は断熱性能が低いことが多いです。また、タイル貼りの床はとても冷たく感じます。ユニットバスにリフォームすることで、断熱性能が高く、清潔感も保ちやすいバスルームに変えることができます。

ユニットバスの窓に内窓(二重窓)を設置

ここでお勧めしたいのが、「インプラス」という内窓システムです。インプラスは、既存の窓枠の内側に簡単に取り付けることができ、断熱効果が非常に高いです。さらに、防音効果もあり、外の騒音を減らすこともできます。設置も簡単で、大掛かりな工事が必要ないため、リフォームに最適です。

その他の簡単にできる対策もご紹介します。

2. 適切な換気

お風呂場は湿気が多く、換気が不十分だとカビの原因にもなります。しかし、寒い季節に窓を開けるのは避けたいもの。ここで役立つのが、暖房機能付きの換気扇です。これにより、暖かい空気を保ちながら換気を行うことができます。

3. ヒーターの活用

短期的な対策として、浴室専用のヒーターを利用するのも一つの方法です。これにより、入浴前にお風呂場を暖めることができます。お風呂と脱衣場の断熱性を良くしてから、ヒーターを使うと熱もにげませんので、すぐ暖まるし電気代・灯油代などが節約できます。

経験上、断熱性を上げてから暖房をするのが一番良いと感じます。

4. お風呂のフタの活用

お風呂のフタをすることで、湯の温度を長時間保つことができます。これにより、お風呂の再加熱回数を減らし、エネルギー効率の良い対策となります。断熱材入りのフタも販売されています。

5.床にお湯をかけて暖める

簡単な対策として、床にお湯をかけることが挙げられます。入浴前にシャワーで床を少し暖めるだけで、足元の冷たさを軽減し、快適にお風呂に入ることができます。

まとめ

これらの対策を行うことで、冬場でも快適なバスタイムを過ごすことができると思います。寒い冬場のお風呂対策に興味がある方は、ぜひワタケンにご相談ください。地域の皆様の快適な生活のために、最適なリフォームプランをご提案いたします。

それでは、皆さん、暖かい冬をお過ごしください!

お問い合わせ

お見積り依頼、ご相談やご質問等、お気軽に
お問い合わせください。
ワタケンが心を込めてご対応させていただきます。

お問い合わせフォームへ
TOP