健康住宅「エアサイクルの家」


「エアサイクルの家」は、自然のチカラで壁の中の空気を循環させ、家中の温度と湿度をコントロール。キレイな空気に包まれて「夏涼しく冬暖かく」過ごせる家です。 家づくりを通して、そこに住む家族を幸せにしたい。幸せとは、健康に楽しく、長生きできること。そのためには、住む人のからだの健康だけではなく、心の健やかさや住む家そのものが健康であることが大切だと考えています。 「エアサイクル」が叶えるのは、木のぬくもりを感じながら家族みんなが健康に暮らせる家づくりです。

からだの健康をデザインする


エアサイクルのすごいところは、壁の中の空気を、自然のチカラで循環させること。夏は、屋根裏からこもった熱や湿気をどんどん外に逃がして、冬は暖まった空気が建物を包み込みます。ぐるぐるまわる空気はまるで自然の空調。夏はカラリと涼しく、冬はじんわりと暖かく、自然で心地いい温もりの中で過ごせます。

また、家の中に急な温度差があると、不快な思いや心臓への負担だけではなく、家のあちこちに湿気溜まりや結露を起こさせます。そしてその部分にカビやダニが発生し、アレルギーなどを引き起こすもとにも・・・。

エアサイクルは、温度差が小さく快適な空間を生み出して家の中の空気をキレイに保ち、家族のからだの健康を支えてくれます。
※暖冷房設備は状況に応じて設置が必要です。

均一な室内環境でヒートショックを防ぐ


日本人は、四季折々の自然と共生しながら暮らしてきました。家は、そんな日本人の生活に密着した存在です。

ただし、かつての木造住宅は断熱性が低く隙間風が入り込むつくりだったので、住む人の体に負担を強いてきました。例えば冬の日、暖かいリビングから冷え切った浴室やトイレに移動すると、急激な温度変化に見舞われます。こうしたヒートショックは、血圧の急変や心筋梗塞などを引き起こします。「体の健康」に良い家とするには、まずヒートショックを発生させない温熱環境づくりが求められるのです。

エアサイクル大空間

エアサイクル工法は、家全体を外張り断熱で包み込み、外気の影響を受けにくい安定した室内環境をつくり出します。さらに夏は、外壁に設けた通気層によって壁内にたまる熱気を逃します。冬は通気層に閉じ込めた空気を断熱材として活用しながら、昼に屋根や壁、床下で蓄えた熱を夜間に放熱して冷却を防ぎます。エアサイクルの家は、このように複合的な仕組みで適切な温熱環境を確保し、身体に負担のかからない住空間を生み出します。

→エアサイクル工法システムの詳細をみる

エアサイクル夏図

夏:換気口OPEN


熱せられた空気は上昇気流となって、小屋裏の換気口から屋外に放出されます。また、床下の換気口から取り込んだ風が、床下空間の涼気とともに上昇し、壁内部の温度上昇を軽減してくれます。

エアサイクル冬図

冬:換気口CLOSE


小屋裏と床下の換気口を閉じて冷たい外気の侵入を遮断するとともに、断熱気密化された空間をつくります。閉じられた壁・小屋裏・床下の連通空間の中で太陽熱や生活エネルギーによって動く空気の流れにより、建物全体を暖かい空気で包みます。

乾燥状態を保ってダニ・カビ知らず


家に発生するカビやダニも、体の健康にとっての大敵です。カビやダニは、鼻炎や喘息をはじめとするアレルギー性疾患を引き起こす原因になります。湿度を好むカビやダニの発生を防ぐには、壁の内部や床下などを乾燥させることが重要です。

エアサイクル工法は、適切な断熱・気密化に加え、空気を動かす仕組みを設けることで湿気がたまらない環境をつくり出すのが特徴です。壁の内部に通気層を設け、床下から壁を介して小屋裏に通じる空気の通り道を確保。空気を動かすことで壁内や床下の躯体を常に乾燥状態に保ち、カビやダニの発生を防ぎます。室内空気も清浄になるので、体に心地良い快適な環境が整います。

エアサイクル床下

1986年に建てられたエアサイクルの家の床下。20年以上たってもじめじめした感じはまったくなく、乾燥状態を保っています 。 木も乾燥しています。含水率(木に含まれる水分の比率)が、20%を越えると木の腐食やシロアリ被害を受けやすくなりますが、ここでは15%前後の低い状態を保持していました 。

エアサイクルリビング
空気を動かし、室内空気も清浄に。体に心地良い快適な空間が整います。

こころの健康をデザインする


エアサイクルの家は家中の温度差が小さいから、吹抜けなどの開放空間がつくりやすいことが特長。階段の脇にちょっとしたデスクを作ったり廊下の一角に書斎を設けたり・・・
そしてひなたぼっこを楽しみながら、そのぬくもりを住まいのエネルギーとして活用。家族の触れ合い時間が多く持てる、暮らしそのものを楽しむための設計ができます。

じめじめした梅雨時期や暑い夏の日中、冬の冷たい朝でも快適に。
風通しがよく、コミュニケーション豊かな暮らしはストレスを減らし、健やかなこころを育みます。

笑顔でイキイキした暮らしの基盤に


心からくつろげる癒しの場であること。日々を楽しく、心豊かに過ごせること−−。家づくりでは、家族が仲良く、イキイキと過ごせる場をご提供することが大切と私たちは考えています。言い替えてみれば、「こころの健康」をはぐくむ家づくり。そのためには、家族のつながりを感じさせつつ、心地良い居場所を生み出すことが求められます。

こうした「こころの健康」を考えたとき、1つの手がかりとなるのが一体感のある空間構成です。その点、エアサイクルの家は均一な室内環境を生み出しているので、暑さや寒さを気にせずにオープンなリビングや1・2階の吹き抜けを設けられます。

エアサイクル心の健康

例えば、リビングの吹き抜けに階段を設ければ、リビングは家族が行き来する動線の中心としても機能します。家族が互いの存在を意識しながら、程良い距離感のコミュニケーションをはぐくむ空間になるでしょう。

家のどこにいても快適に過ごせるため、温度差に起因するデッドスペースも生まれません。階段ホールの横に子供の勉強スペースを設けたり、階段下の凹みを家事コーナーに活用したり。緩やかに一体化した空間のなかに、家族それぞれの居場所を生み出すことが可能です。さまざまな工夫を予感させる住空間は、一人ひとりの日常の営みを活性化します。

自然の力を活用するエアサイクルの家は、自然素材との相性が良いのも特徴です。無垢材を取り入れたカフェ風のインテリア、あるいは落ち着いたたたずまいの塗り壁のリビングなど、住む人の価値観やライフスタイルにふさわしい暮らしの空間をデザインしてください。

家族がいつも笑顔で過ごせる家。エアサイクルの家は、そんな家づくりを支えています。

家の健康をデザインする


木造住宅の大敵は水分。
壁の中や床下などの「見えない部分」での結露がカビやシロアリの発生につながります。

エアサイクル工法で使用するのは、空気の通り道のある断熱パネル。しっかり外からの熱を防ぎながら、壁の中まで風通しを考えたつくりになっています。床下も風通しバツグンの「コラムベース基礎」を採用。床下から壁の中、屋根裏に通じる”空気の層”で家全体を包み込んでいます。

空気を動かして木材を乾燥させて柱や梁、壁や床などの構造材が傷むのを防ぎ、お家を健康で長生きさせます。

「丈夫で長持ちする家」は水分が大敵


家族が長く幸せに暮らしていくためには、住む家の安全・安心が確保されていることは大前提になります。言い換えると、丈夫で長持ちする家づくり。そのためには、構造計算で安全を確認したつくりとすることと、躯体を長く健康な状態で維持していくことが求められます。

木造住宅にとって健康の大敵になるのが水分です。空気内の湿気や壁体に生じる内部結露は、腐朽菌やシロアリの発生を促し、木材の耐久性低下に結びつきます。10年、20年と経つうちにボロボロになった木材は、室内環境に悪影響を及ぼすばかりでなく、建物の構造体の危険性も高めます。

木材を健康な状態に保つために不可欠なのは、乾燥した状態を維持すること。そのためには、水や湿気の浸入を防ぎ、もし入り込んだら乾かす仕組みを用意しておくことが重要です。

エアーサイクル内部

(左) エアサイクル工法の壁をはがしてみると、きれいな状態の木が現れました。
(右) 湿気がこもると木はこのように腐ってきます(参考写真)

壁体内の通気で乾燥を保つ


家の乾燥状態を維持するために重要な役割を果たすのが、壁体内の通気です。エアサイクル工法では、屋根や外壁を覆う断熱パネル「Cmボード」の内側に斜めの溝をダイヤ状に掘り、通気層として利用します。

さらにエアサイクル工法は、床下から壁内、小屋裏に通じる空気の道を確保し、空気が行き来できるようにしています。床下と小屋裏には、手動で開け閉めする換気口を設置。上下の換気口を開けることで、床下から入る空気を小屋裏から逃します。空気が動けば、入り込んだ水分も乾燥します。シロアリや腐朽による躯体の被害を防ぎ、建物の長寿化へとつなげていきます。

→エアサイクル工法システムの詳細をみる

エアサイクル全体図

エアサイクルの仕組み講座



全体システム図一覧