元々日本は、強風災害(台風・暴風・竜巻)が多い地域となっています。さらに近年では、台風被害が増えてきており、昨年の台風被害も記憶に新しいと思います。窓が割れる原因は、強風で飛ばされた飛来物です。飛来物でガラスが割れてしまい「窓が自然災害の入口」にならないように、窓を守り強風による家への被害を防ぎましょう。無防備な窓では心配が尽きません。家・生活を守るための「防災リフォーム」をお勧めいたします。防災・減災を今から意識しましょう。

台風比較

台風や竜巻に対して、窓は住宅の弱点となります。
窓を見直して、家を守りましょう。


台風被害屋根から

台風の暴風に対して住宅のウイークポイントになるのは「窓」です。しかし、風だけで窓ガラスが割れる心配は少なく、ガラスが割れる原因の多くは風で飛ばされたものがぶつかるため。気象庁の「風の強さと吹き方」によれば、細い木の枝が折れ、看板が落下・飛散、屋根瓦や屋根葺き材が飛ぶなどの被害が出始めるのは、平均風速20~25m/s (瞬間風速30m/s)以上。さらに平均風速が35m/s (瞬間風速50m/s)を超える風になると、外装材が広範囲にわたって飛散するなど、きわめて危険な状態になります。

暴風による被害を知って防ぐ。映像で見てみましょう!


暴風で飛ばされたものが窓にぶつかると、実際にどんな危険があるのでしょうか?

寝室など2階の窓も危険。 台風時、安心して就寝できるように対策を。


風で吹き飛ばされたものが窓に直撃しガラスが割れると、その破片が凶器になって大けがに繋がる恐れがあります。また、窓ガラスが割れることで強い風が室内へ一気に流れ込み、屋根が吹き上がってしまうという危険性もあります。防犯を兼ねた1階窓の対策だけではなく、寝室などがある2階の窓も、しっかりとした災害対策をおすすめします。

窓養生テープ

養生テープを貼るだけでは、植木鉢のような飛来物でも
窓ガラスを突き破って室内に飛び込んでくる場合があります。


台風への備えとしてメディアでもよく紹介されるのが、窓ガラスにダンボールや養生テープを貼る対策です。応急処置として手軽にできるメリットはありますが、「窓ガラスが割れるのを防ぐ」ためではありませんので、安全性を高めるためには、窓ガラスをしっかりと守る対策が必要です。

窓飛来物テスト

やはり雨戸・シャッターでの対策が一番安心


シャッターでの対策

最近の住宅はシャッター・雨戸をつけていないところもありますが、窓をしっかり守るのに最適なのは、やはり「シャッター・雨戸」です。飛来物が当たった際も窓ガラスが割れるのを防いでくれます。台風が来たとき、窓に電動シャッターが取付けられていれば、ボタンひとつで簡単に窓をガードできるって安心ですよね。

シャッターや雨戸を設置すると


飛来物からしっかりガードでき、台風時の不安を解決します。

シャッター耐風
シャッター断熱タイプ

シャッター・雨戸のリフォームは、意外と簡単・手軽なんです。


シャッターガラス比較

シャッター・雨戸の無い窓は、台風などの強風により、窓ガラスが割れるなどの被害を受けやすい。 雨戸の場合は窓の脇に雨戸を収納する戸袋が必要です。戸袋のスペースが無い場合はシャッターを検討されるとよいでしょう。

 取替雨戸

取替雨戸パネル

取替雨戸パネルは、台風などによる危険な飛来物から窓ガラスが割れるのを防ぐだけでなく、外の不快な音、強い風雨や雷の音を軽減します。また、直射日光を遮るためエアコン効率もアップ。採風タイプは可動部を調節すると、雨戸を閉めたままでも風や光を採り込むことができ、より快適に過ごすことができます。
取替雨戸パネルなら、ほとんどのメーカーに対応可能で、取替時間も最短約30分※。毎日を安心・快適に一新させる雨戸リフォームをしてみませんか。
※現場の状況により施工時間は異なります。

取替雨戸の詳細はこちらへ

 リフォームシャッター

既存の窓に外窓の上から取付けるだけの簡単スピード施工で、あっという間に住まいの防災性や防犯性、快適性が向上します。 防犯のために1Fにつけている家は多いですが、2Fに付いていることは少ないです。窓の位置によっては、設置に足場などが必要になり工事費がかさんでしまう可能性があります。塗装や屋根工事など、他の足場を利用できる場合には一緒に工事可能です。足場を利用しない方法としては、3.の防犯合わせガラスがオススメです。

リフォームシャッター詳細はこちらへ

シャッター・雨戸が設置しづらい窓には、
防犯合わせ複層ガラス」がおすすめ


防犯合わせガラス

シャッター・雨戸が設置しづらい窓の対策としておすすめしたいのが「防犯合わせ複層ガラス」です。ガラスの間に特殊中間膜を挟み込んでおり、飛来物が当たって割れてもガラスの破片が飛散しにくいという性能に加えて、耐貫通性を高めています。防犯タイプのガラスは防災にも有効です。

※防犯合わせ複層ガラスは、お近くの工務店・リフォームショップなどにお問い合わせください。

 防犯合わせガラス

防犯合わせ複層ガラスは、合わせガラスのガラスの破片が落ちないという安全ガラスとしての性能に加えて、特殊中間膜を厚く(30mil以上)することにより、耐貫通性を高めております。 耐貫通性を高めることにより、「こじ破り」、「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。強風による飛来物からガラスの室内飛散を抑止します。養生テープやフィルムでの対策より安心。シャッターが施工できないような場所の窓の場合はガラス交換がオススメです。

状況に合わせた防災リフォームのご提案をいたします。
ぜひご相談ください!!

現場状況や現在のご不満点、ご予算などご要望に合わせてワタケンのスタッフがご提案させていただきます。現場調査、ご提案お見積りは無料で対応いたしますので、お気軽にお問合せください。