富士市 左右分離型2世帯の家

土地の形状・子世帯との生活サイクル(深夜勤務あり)の違いを考慮し、完全分離型の2世帯住宅を建てました。完全分離型2世帯住宅とは、ひとつの建物を「1階2階と上下で分割」「左右で分割」した2つの建物をつなげたタイプです。キッチン、トイレ、お風呂などの設備も共用せずに各々にあります。他のタイプの2世帯住宅と比較して最もプライバシーの尊重されるタイプです。完全分離型のメリットは「生活時間、生活習慣が違うストレス解消」「価値観の違いからくるトラブル解消」「分離しながらも隣同士である家族の安心感」になります。親世帯を平屋、子世帯を2階建てとしています。

親世帯のポイント


子世帯が帰ってきたことが分かるように、敢えて駐車場・道路に面した配置にしました。出入りの多い子世帯を駐車場・道路面側にすることも多いのですが、今回は要望をもとに敢えて子世帯の気配を感じれる配置にしました。そして居間は畳をご希望されましたので、畳エリアを設けました。

寝室はベッドを使用するため、床はフローリングの洋室タイプに。また道路・駐車場側のため、視線・車のライトを考慮し腰窓タイプにしました。

将来的に車イスなどの使用を考えドアは引戸タイプに

大きいと湯舟で身体が浮いてしまう恐れがあるため、浴槽を身体に合わせて小さい物を選定。夜間のトイレを考慮して、寝室の近くにトイレを配置しました。

子世帯のポイント


キッチン・ダイニング・リビングを繋げ広い空間にしました。家事をしながら、家族の気配を感じることができるキッチンの配置。

雨の日でも洗濯物を干せるインナーバルコニー。浴室にも乾燥暖房機を設置しました。

トイレと階段下に挟まれたデッドスペースも収納として無駄なく利用し、すっきり片付けることができます。

2世帯各々の希望を取り入れ、土地形状にあったプランニング。完全注文住宅ならではの物件となりました。