隣家への防音対策

ベース、ドラム、ギター、ピアノとバンド形式の演奏と楽曲制作を目的とされるお部屋を施工いたしました。隣家への音漏れ軽減を目的に施工。屋内への音は問題無いということで、外壁面と床のみを防音施工。目的がはっきりしていれば、今回のように屋内面は一切手を付けずにコストダウンが可能です。「何の音を、どこに対して、どのくらい遮音したい」かこれを明確にすることが、防音計画段階で肝心です。

屋外面は躯体側の質量アップのため、強化石膏ボードの増し貼りをし、空気層をとってから縁を切った防振構造の壁を立ち上げ。床は乾式の防振構造を施工。ドラム、ピアノと床設置の楽器があるため、床の防振施工。木造住宅で屋外面でDr55~60を計画。名古屋のハウスメーカー様とのジョイント工事となり、ハウスメーカー様施工後、防音室内のみを弊社にて施工、仕上げ材はハウスメーカー様より支給いただきました。

防音工事は全国対応しております。

防音工事について
防音ドアについて
遮音構造について