夏の暑さの対策 その1

我が家の日差し対策と風通しのことを考えてみましょう

 夏の暑さを防ぐポイントは、日差しを遮ることと風通しを良くすること。日差しは、窓から入ってくる熱気を抑えることが重要。まずは、熱を遮断することから考えましょう。また、風通しを良くすることで体感温度を下げ、室温も下げることができます。我が家の平面図を見て、どの部分の熱を遮断するか、どのように風の通り道を作るかを検討します。外部からの熱を防ぎ、風通しを良くすることで、エアコンを使う時間がグッと減ってきます。

外からの熱の侵入を抑え、室内温度の上昇を防ぎましょう


シェードを使い窓の外でカットするのが効果的

夏の温度上昇を防ぐには、入ってくる熱を元からカットすること。カーテンだけでは、太陽の熱を45%しかカットできないのでに対して、外付日よけの『スタイルシェード』をつけると、83%カット。室内は最大3.5℃も下がり、光熱費の節約にも効果的です。

LIXILのスタイルシェードは、熱の大部分を窓の外側でシャットアウトできるので、室内の温度上昇をしっかり抑えられます。※一般複層ガラスの窓にスタイルシェードを使用した場合の性能です。関連JISなどに基づき計測および算出した値であり、保証値ではありません。

シェードが、お肌の大敵〝夏の厳しい紫外線〟もカット!

太陽光に含まれる「紫外線」は、窓ガラスを通過して室内まで入ってきます。紫外線は、シミやソバカス、シワの原因になり、さらにお肌の角質層から水分を奪って乾燥させます。また、家具や床の色あせの原因にもなります。紫外線を最大99%カットできる『スタイルシェード』をつけることで、紫外線を予防できます。

夏の住まいの悩みを解決!おすすめリフォーム商品


『シェード』で夏の日差し&紫外線をカットして心地よい室内に

夏の暑い日差しを防ぐのに最も有効な手段は、窓の外側で熱を遮断すること。おすすめは、外付け日よけの『スタイルシェード』です。室温上昇を抑えて熱中症を予防してくれるだけでなく、肌に悪影響を及ぼす紫外線もカットしたり、家具や床の色あせも防ぎます。カラーも豊富に揃っており、建物の外観に合わせて選ぶことができます。

1窓あたり約30分、スピード施工 。
※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので目安とお考えください。

外付けシェード

外付日よけ

スタイルシェード

動画で見る室温変化


窓にスタイルシェードを付けた場合の、室内の温度変化を動画でご覧いただけます。


紫外線ほぼ100%カット、『オーニング』で屋外におしゃれな日陰空間を

カフェのようなおしゃれなデザインが魅力のオーニング。室内への日差しの侵入を防ぎ、キャンバスの下に日陰をつくります。
デッキとの組み合わせでくつろぎの空間に。

外付可動式日よけ

彩 風


日差しと風を適度に採り込む『テラス屋根』で一年中快適に

夏は高く強い日差しを遮り、冬は低く柔らかい光が奥まで差し込むテラス屋根。太陽の光をほど良く採り込み、一年中心地よい空間を創りだします。

テラス屋根

テラスSC

夏の暑さ対策はワタケンにお任せ


現場状況や現在のご不満点、ご予算などご要望に合わせてワタケンのスタッフがご提案させていただきます。現場調査、ご提案お見積りは無料で対応いたしますので、お気軽にお問合せください。

関連記事