遮音性能別 参考施工例


ドラムやベースなどに対応した高性能な遮音構造

ピアノやホームシアターなどを想定した遮音構造

遮音性能構造 参考図 -Dr65-


Dr65 遮音構造サンプル

※上記遮音性能値は屋外に対してです。間仕切りや扉前などに関しては、状況に応じて設計致します。上記仕様は1例です。
※御提案する性能(防音・音響)は弊社経験に基づいた目安値であり、現場性能を保証するものではありません。

Dr65 -天井-


1層目はしっかりとした遮音層をつくり、2層目は防振ハンガーを使い防振層をつくる。

更に2層目に「音パット」を使い、防振性を高めます。303mmピッチで配置した音パットの間には、高密度80k/㎥のロックウールを充填。仕上げには吸音素材の岩綿吸音板やグラスウール製を使用します。

Dr65 -壁-


間柱間には高密度のグラスウール充填。縁切りした浮き壁を施工し、さらに音シート・音パットを組み合わせ「吸音・遮音・防振」構造を作っていきます。※壁の音パットは455mmピッチ、間にはロックウール80k/㎥を充填。

完成後の音響を考え、1.向かい合う面を平行にしない 2.角を無くす 3.吸音板の設置など色々考えられます。ご希望の音場に合わせて、ご提案いたします。

Dr65 -床-


躯体から縁を切った浮き床をつくり、更に音パットを使用し防振構造を施工します。音シートは自重があるため、接着は不要。突き付けで配置していってください。※床の音パットは303mmピッチ、音パット間は80k/㎥のロックウールを充填。

低音と振動を伴うドラムやダンススタジオの床には防振構造が必須です。床に接する楽器に対しても、床の防振は効果的です。ピアノでさえ床の防振をしないことによって、音が振動として伝わってしまい音漏れの原因となることがあります。

Dr65 -扉・サッシ-


Dr-65仕様時は音扉ガーディアンDr-45を2枚使用。2枚使用でも密着させた場合は扉前でDr-55程度。扉前でDr-65必要な場合は、前室などを作り出来る限り2枚の扉を離すことが必要です。

Dr65仕様の際には、窓は無い方がいいですが、必要な場合は4重サッシにて対応。サッシ前でDr55程度になってしまいます。ガラスの厚みや空気層の取り方を注意する必要があります。

Dr65 -換気口-


防音室には独立した換気口が必要。消音ダクトの設置がスペースの都合できない場合は、壁付けのロスナイ換気扇を付け、吸排気口にサイレンサーを設置し漏れる音を防ぎます。サイレンサーは弊社にて設計製造。開口部の位置に合わせて、特殊な形状も製作可能です。

天井にスペースがある場合は天付けの換気扇+消音ダクトにて減音します。

遮音性能構造 参考図 -Dr45-


※上記遮音性能値は屋外に対してです。間仕切りや扉前などに関しては、状況に応じて設計致します。上記仕様は1例です。
※御提案する性能(防音・音響)は弊社経験に基づいた目安値であり、現場性能を保証するものではありません。

Dr45 -天井-


音パットを使い、防振性を高めます。303mmピッチで配置した音パットの間には、高密度80k/㎥のロックウールを充填。仕上げには吸音素材の岩綿吸音板やグラスウール製を使用します。

Dr45 -壁-


音シート・音パットを組み合わせ「吸音・遮音・防振」構造を作ります。※壁の音パットは455mmピッチ、間にはロックウール80k/㎥を充填。

Dr45 -床-


音パットを使用し防振構造を施工します。音シートは自重があるため、接着は不要。突き付けで配置していってください。※床の音パットは303mmピッチ、音パット間は80k/㎥のロックウールを充填。

Dr45 -ドア-


防音扉ガーディアンDr-45を1枚使用。

Dr45 -サッシ-


Dr45仕様は3重サッシにて対応。
ガラスの厚みを変えたり、空気層の取り方を注意する必要があります。

Dr45 -換気口-


防音室には独立した換気口が必要。壁付けのロスナイ換気扇を付け吸排気口にサイレンサーを設置し漏れる音を防ぎます。サイレンサーは弊社にて設計製造。開口部の位置に合わせて、特殊な形状も製作可能です。