高減衰ゴムが地震の力をしなやかに吸収。

建物(2階)のゆれ幅を軽減します。


制振装置「ジオフォルテ」は
・繰り返す大地震に効果を発揮!
・地震や台風の「揺れ」に制振効果を発揮!

心臓部の「高減衰ゴム」は約100年の耐久性。
さらに「工場でのパネル化」により
安定した施工品質と現場施工費の軽減を実現します。

すべての人に大きな安心を!
もう、大地震をおそれない。

ジオフォルテ開設イラスト

強さの秘密は、「高減衰ゴム」


耐久性・耐候性は日本全国の斜張橋で実証済み。メンテナンスの必要もほとんどありません。
つねに風雨にさらされて激しい振動を受ける斜張橋。「高減衰ゴム」はそのような斜張橋の揺れを防ぐケーブル用ダンパーとして使用されています。この日本全国で実績を誇る「高減衰ゴム」の技術が使われています。温度依存性が非常に小さく繰り返し安定した高減衰性能を発揮することができ、メンテナンスの必要性もほとんどありません。

斜張橋

運動エネルギーを熱エネルギーに変換する高減衰ゴム

高減衰ゴム

高減衰ゴムと一般のゴムでつくられたゴム板の上からボールを落としてみると、一般のゴム板ではボールが勢いよく弾んだのに対し、高減衰ゴムではほとんど弾みません。これは高減衰ゴムが、ボールの自然落下する運動エネルギーを熱に変えて発散し、衝撃を吸収してしまうためです。

繰り返す大地震に効果を発揮する「制振装置ジオフォルテ」


制振ダンパー

在来木造用「制振装置ジオフォルテ」はセンターフレームと制振ダンパーで構成。建物に地震の力がかかるとテコの原理を応用してセンターフレームが地震エネルギーを効果的に制振ダンパーに伝達。「高減衰ゴム」が伸縮しながら地震のエネルギーを熱エネルギーに変換・吸収し、揺れを抑えます。

  1. 制振ダンパーには、一般住宅用として開発された「高減衰ゴム」を使用しています。
  2. 「高減衰ゴム」はゴムに加わった変形を熱をエネルギーに変換することで振動を吸収します。
  3. 建物にかかる運動エネルギーを熱に変換し、衝撃を最大約50%も軽減します。

バランスよく配置した「制振装置ジオフォルテ」が、大きな効果を発揮します。


大地震や台風・暴風まで繰り返し効果を発揮します。


地震の脅威は一度だけとは限りません。大地震が発生した後も、ほぼ同規模の大きな余震が立て続けに襲ってくるケースも多く見られます。「ジオフォルテ」は地震の揺れに対し、繰り返し効果を持続できる優れた耐久性と耐候性を備えているので安心です。さらに中小地震はもちろん、大型台風や暴風に対しても高い減衰効果を発揮します。

ジオフォルテ表

現場施工写真


制振装置ジオフォルテ
制振装置ジオフォルテ