「音パット」 2世帯住宅の床防音 

こんにちは虹

本日は「2世帯住宅の床防音」をご紹介ニコニコ

上下階で生活スタイル・リズムが違い、お互いの世帯の生活音が気になる2世帯住宅。

床の防音は必須といえるでしょうグー

分厚いALCを敷いたり、遮音マットを敷いたりしている家はありますが

実はALCや遮音マットでは、足音などの振動を伴う音に対しては効果が薄いです。

※声などの振動を伴わない空気伝播音には効果あります。

そこで弊社の「音パット」工法!!

では、施工のご紹介
防音ってのは奥が深いねぇ・・・
防音ってのは奥が深いねぇ・・・

音パットの設置位置を墨出し。床先行で施工していくので、壁にくる石膏ボード分は

音パットを壁から離します。壁と床が施工後にくっついてしまうと振動が床→壁と伝わる

ので石膏ボード12.5mm+α離します。(最終的な隙間は巾木で処理)

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
防音ってのは奥が深いねぇ・・・

音パットを303mmピッチで設置していきます。合板に対してコンパネビスでとめます。

右の写真では、キッチンの棚が乗る部分を木根太で補強しています。

出入り口の掃きだし部分など、荷重が多くかかりそうなところは音パットの間隔を狭くしたり

木根太を入れたりして補強します。※音パット工法の耐荷重は200kg/㎡です。

そして音パットの間にロックウール80kを敷きます。

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
防音ってのは奥が深いねぇ・・・

合板12mmを上から貼り、遮音シート4mmを敷きます。

合板は音パットのフレームに止めます。遮音シートは自重があるので、糊付けなどは不要

そのまま敷いていきます。

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
こんな感じになります。

この後、仕上げフローリング(無垢材15mm厚)を貼っていきます。

※無垢材を貼るときの注意※
無垢材の貼り付けはボンドを併用していきますが、ボンドの材質に注意してください。

ウレタン系、シリコン系の材質のボンドを使わないと遮音シートの材質によっては

溶けてしまう場合があります。貼り付けはウレタン系かシリコン系の糊で!!

 

80㎡程度の床防音工事

【施工内容】音パット設置、ロックウール80k敷き込み、合板貼り、遮音シート敷き込み

【工事期間】 : 3日間 (2人工×3日=6人工)

 

2階への資材搬入の方が大変でした・・・

関連記事