高さの低いキッチンをリフォームで取付

高さの低いキッチン

キッチンの高さ

最近のキッチンの天板高さ。一番多いのが床から85cmになります。現在のようなシステムキッチンになる前、ステンレス流し台と言われていた頃は80cmが主流でした。

日本人の平均身長も高くなってきており、それに合わせてメーカーもキッチンの天板高さを上げてきています。最近では85・90cm設定が通常。80cmの物もありますが、設定として無い場合もあります。

キッチンの高さを求める公式として「身長÷2+5cm」が知られていますが、あくまで目安となります。

高さの低いキッチンはあるの?

高身長化が進んできている一方で、低身長の方ももちろんいらっしゃいます。

今回は150cmをきっているお客様からのご相談。

踏み台を使ったりと今までは工夫されてきましたが、日々の家事が「かなりのストレスになっている」「身体的にも辛い」とのことでした。造作で丸ごと高さを合わせたキッチンを作ることも可能ですが、コスト的に割高になる場合もあります。

ワタケンでは、天板の高さが低いシステムキッチンをご用意できます。天板高さは75cm。写真は170cmの当社スタッフ。やはりこの身長ですと低くて使いづらい、腰がやられる雰囲気。

ケースバイケースですが、今回の身長の低いお客様には大満足いただきました。

このような低いキッチンのご希望が立て続けに2件ありました。リフォームを機に、キッチンの高さで日々ストレス溜まっている方、快適な家事時間を手に入れましょう。細かいこともご提案可能ですので、是非ワタケンにキッチンリフォームご相談ください。

ワタケンのリフォームバナー

関連記事