内窓「インプラス」防音効果

2020.07.07 加筆修正しました。


前回に引き続き、内窓「インプラス」について
今回は防音効果についてのお話です。
インプラス防音についての動画↓

防音効果


熱と同様に、窓から多くの音が出入りしています。
お住まいを取り巻く環境音、またお住まいから出る音を小さくできれば、暮らしはもっと快適になります。音の気にならない静かな暮らしを実現するために、インプラスをお勧めします。

インプラス音

通常の住宅ですと、壁の部分がおおよそ-40dBの遮音性能をもっています。
インプラスがない状態(窓が1枚)ですと、窓の部分が-25dB程度の遮音性能です。窓の部分が明らかに遮音性能が弱いために、音が窓から入ってくる状況がうまれています。※その他、換気口も音の出入り口になっています。

インプラスを取付、2重窓にすることで窓部の遮音性も-40dB程度になりますので、壁と窓の遮音性がほぼ同じになり「車の走行音」や「昼間のピアノ演奏音」であれば、音の出入りが気にならない状況にできます。

更にもっと音を落としたい場合「夜中もピアノを演奏したい」「バンド練習したい」となってくると、窓以外を防音補強、窓部を2重から更に3重、4重と増強して音を軽減するというアプローチになります。お住まいの環境音や昼間の音楽練習対策としては、まずインプラスで2重サッシで大丈夫なケースが多いです。

本格的な防音をしつつ、明り取りや解放感が欲しいということですと、3重、4重と窓を設置することもあります。

防音の相談に無料で対応いたします。
もちろん工事も対応可能です。弊社、静岡県富士市ですが、防音工事に関しましては、中部・関東その他も対応できますので、ご相談ください。
ワタケンの防音工事

関連記事