離れの防音室⑨防音室施工の流れ

床の防振層が施工完了。
次は、できた床の防振層の上に2層目の壁を建てます。
1層目とは空気層を作り、防振層の上に壁を建てることで、2層目の壁と躯体の縁が切れた状態を作ります。

防振層の上のLGS
LGSと吸音材

そして、壁内に吸音材(グラスウール)を充填していきます。
※ちょうどいい写真がなかったので、上記写真は別現場の物です。

縁を切った壁に吸音材(グラスウール)を充填し、合板を貼り、更に防振材と吸音材(ロックウール)を充填し合板で塞ぎます。

壁防振材
合板後の強化石膏ボード

そこから更に、 強化石膏ボード15mmを目地を変えて2枚貼り。

遮音層(躯体)+縁を切った壁+防振層+遮音層という構造です。

ただ質量を上げるだけではなく、縁を切り振動を伝えない防振層も組み合わせて、防音構造を実現しています。

次回は床の防振層になります。

関連記事