離れの防音室⑦防音室施工の流れ

軒天施工

外回りを一気にやっていきます。軒天施工。

離れ防音室外回り

屋根の板金、破風板、防水透湿シート、桟木からのサイディングで外回りはほぼ終了。

内部工事が始まりました。まずは吸音材(断熱材)を壁に充填してから、ボード塞ぎ。

ボードは通常の石膏ボードより質量のある強化石膏ボード15mmを目地を変えて3枚貼り。

※更に質量のある硬質石膏ボードもありますが、加工しにくいため強化石膏ボードを使用しています。

天井も同様に吸音材(断熱材)を充填し、強化石膏ボード15mm3枚貼り。

これで、まず一層目の遮音層を作り、音を漏らさないベースを作りました。

次回は床の防振層工事をしていきます。

関連記事