お庭に離れのドラム用防音室施工③-整地~基礎-

富士市内でお庭にドラムスタジオを作る、夢のような計画がスタートしました。
ご依頼主は、 富士市と藤沢市にてドラム教室を運営している望月ドラム教室様。

前回の記事はこちら

第3回は整地~基礎です。

施工前のお庭の様子です。大きな木と倉庫、そして倉庫手前に分かりづらいですが、池があり鯉が2匹います。解体前にお祓いをし、いざ工事に入ります。※鯉は近所の神社に奉納させていただきました。鯉2匹を捕まえるのが大変でした(笑)

裏手にレッカー車を置けるスペースが確保できたため、倉庫は一本釣り。その後重機で一気に更地に… あれだけ木や石などがあっても2日もかからずに更地になってしまいました。

地縄を張り、建設予定の大きさを確認。今回は特に母屋との距離、周囲の作業スペースの確保などを確認しました。地縄の段階では、皆さん(設計したこちらも含め)、あれ狭くない?と思います。基礎はおろか柱など高さを感じる物がなく、地面に貼った縄だけで面積のみの情報ですから、そう感じてしまうんです。これは、錯覚(?)なんでしょうか…皆さん、そうなります。

周囲状況問題ないことを確認し、転圧、捨てコン、防湿シート、配筋、外周枠、コンクリート打設と一気に基礎工事が進んでいきます。

この後、建前が始まり一気に建物感が出てきます。次回は建前からです。

関連記事