ダンススタジオ 床防振工事 その②

こんにちは雪の結晶

その①はこちら

■床仕様■ リノリウムが仕上げ面 【全高130mm】

リノリウム 2mm
合板 12mm
合板 12mm
音パット40S1800+ロックウール80K 40mm
音シートVP4H33(遮音シート) 4mm
合板 12mm 
音パット40S1800+ロックウール80K 40mm
音シートVP8H33(遮音シート) 8mm
 

①既存床の上に遮音シート敷き込み

今回は「音シートVP8H33(遮音シート)厚8mm」を使用。
防音ってのは奥が深いねぇ・・・
910×455mmで10kgありますかお

今回はダンススタジオの床ということで、遮音性能を高めるため通常よりも厚いシートを使っています。

自重があるので、糊付けなども必要なく置いていくだけ。

カッターで切れます。カッター

②音パット+ロックウールの施工

音パットの設置。既存床がコンクリートスラブなので、コーキングにて接着します。

※床が合板などビスが利く場合はビス止めです。(ALCの場合はコーキング)

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
ゴム部とスチール部にまたがって塗布

音パットは303mm(1尺)ピッチで配置。

配置方向は決まりはありません。処理しやすい方向で配置。

今回は長手(長辺に平行)に配置。

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
間にロックウール (カッターデザインナイフでカット)

ここで1つひとつ 「音パット」の設置についての重要なポイント

防音ってのは奥が深いねぇ・・・
音パットは壁面と離す。

壁面とくっついてしまうと、振動が伝わってしまいます。なまず

せっかく音パットを使っても、効果が落ちてしまうので注意危険 隙間は仕上げ時に巾木などで処理。

次回は「合板貼りから2段目、仕上げまで」解説します。

関連記事