ダンススタジオ 床防振工事 その①

こんにちは雪の結晶

今回は「ダンススタジオ」の床、防音(防振)工事をとりあげます。


■立地条件■

RC(鉄筋コンクリート)造のビル。 ダンススタジオは3F、1・2Fは進学塾。

■希望防音性能■

現状150mm高の置き床にて防音対策をしているが塾よりクレームあり

現状よりも、防音性能を高め塾の方々に納得してもらえる遮音性能を希望

※スラブ厚は150mm

■対策■

既存の置き床の上から音パットを施工を提案したが、これ以上床高を上げると

ダンス時に天井についてしまうので、置き床を撤去後音パット工法に

既存の置き床150mm高を無くして、音パットを使った場合

1.床高は低くなるが、音パット1重では置き床時と防音性能は変わらない

2.音パットを2重にすることにより、置き床時の性能を上回る

1,2を踏まえ下記の構造になりました。

■床仕様■ リノリウムが仕上げ面 【全高130mm】

リノリウム2t 2mm

合板12t 12mm

合板12t 12mm

音パット40S1800+ロックウール80K40t 40mm

音シートVP4H33(遮音シート) 4mm

合板 12mm

音パット40S1800+ロックウール80K40t 40mm

音シートVP8H33(遮音シート) 8mm

■ポイント■

置き床時よりも床高を低く抑えつつ、なおかつ性能も向上

高さ制限が厳しくなりがちなリフォーム案件で音パットの良さが出たかたちです。

次回より、施工詳細取り上げていきます。

関連記事